2007年01月14日

英語脳の作り方

英語ができる人とできない人の差は何か?

一言で言えば「英語脳」ができているかできていないかなのです。

もちろん、私たちは日本語で育ってきましたから完全な英語脳にはなれません。

しかし、ちょっとしたポイントに気をつけるだけで、かなり変わってくるのです。




英語脳に変える方法!
「 Today,I went to Tokyo with my friend. 」

 日本人のあなたは、どう読みますか?

 おそらく10人中、9人の方は、

 「今日、私は友達と東京へ行った。」

 このように、日本人はいったん英文を最後まで読んでから、
 日本語の順序に並び替えて、英文を読んでいると思います。

 しかし、これでは 大学の長文読解の問題や 
TOEICの試験などでも時間的に足りなくなる可能性があります。

 また、実際 現地で英会話をする上でも 
 いちいち文の順序を入れ替えていたら、
 スムーズな会話ができません。

 今までの、日本の英語教育の問題点はココにあると思います。

 つまり、英文を読む時はそのまま英語の順序で
 理解するようにします。

 ですから、上記の英文を見たときに

 「今日、私は行った。東京へ、いっしょに友達と。」
 という順序で読んでいくのです。

 英語の順序で、英文を理解することで、
 英語の試験の読解スピードが上がり、
 会話もスムーズに行えるようになるのです。

 http://syusaiblog.cocolog-nifty.com/250max/



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by 受験博士 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験の「英語」を攻略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31377703

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。